給料が低い職業といったら、まず思い浮かぶのはどんな職業ですか?誰でもできて、特別な資格もいらない職業ではないかと思いがちですが、じつはそうでもありません。

保育士は国家資格が必要な専門業なのにもかかわらず、給料が低いことで知られています。


厚生労働省の賃金構造基本統計調査によれば、保育士の平均年収は30代中盤で約300万円ほどです。

じっさいには保険料などを差し引くと、手取りはもっと少なく感じるでしょう。

エキサイトニュースがオススメです。

昇級システムがほとんど確立されていないこの業界は、ベテランの勤続年数になれど、その年収は若手とあまり大差がありません。

大学や専門学校などで高い授業料を払って、やっと手に入れた資格者にとっては悲しい現実です。保育所の運営費は、子供を預ける保護者からの保育料、国からの負担金、補助金、都道府県からの負担金、補助金を合わせたものになります。
そこから保育士に報酬が支払われるかたちになります。
給料が低いということは、この運営費に問題があるのかもしれません。


事実、国や都道府県は保育所の人手不足をこれ以上、悪化させないため、助成金などで保育所の支援に乗り出しています。

人材不足が深刻化しているこの業界は、この先どうなってしまうのでしょうか。

千葉で保育士の求人情報の理解したいならこちらのサイトです。

保育士という職業は世の中になくてはならない重要な職業です。



近年は、子育て経験もあり、時間も余っている主婦でも簡単に所得できる資格、民間認証資格の准保育士という制度を導入することが検討されているそうです。

Copyright (C) 2015 保育士の給料は深刻なもの。 All Rights Reserved.