正社員の保育士だけではなく、パート、アルバイト、派遣、などの様々な雇用形態の求人も増えています。


保育士へ転職する主婦も増えていますし、子育て経験者としての主婦を歓迎する傾向もあります。


そこで気になってくるのが、扶養の範囲内で働けるかどうか、です。年間の収入が103万円を超えてしまうと、扶養から外れて自分が支払う税金と夫が支払う税金が増えてしまいます。


つまり、余計に税金を払う必要が出てくるということです。



もしパート保育士として働くならば、年間103万円という数字を意識して求人を探す必要が出てきます。

マイナビニュースの専門サイトのココです。

勤務日数、時給、などを工夫して103万円を超えないように気をつけることが大事です。

親切な職場であれば、求人面接のときに扶養の範囲内で働きたいことを伝えれば、調整してくれることもあります。

計算をしてシフト作成を行ったり、超えそうになったときにはシフト調整をしてくれるか、ということです。

なかには一切シフトの調整には応じないところもあるので、しっかり確認しておくようにしましょう。

確実に扶養の範囲内のパートを探したいならば、保育士のパートに特化した紹介会社を探すと良いです。



仕事を探すプロがアドバイスをしてくれます。最初に扶養の範囲内という条件を伝えておけば、それにぴったりの仕事を紹介してもらうことができます。
せっかくたくさん働いて稼いだと思ったら、税金のマイナス分で損をしてしまったというケースもあるので、仕事探しのときにしっかりと確認しておきましょう。

Copyright (C) 2015 扶養の範囲内で働きたい保育士の求人探し All Rights Reserved.